女性の薄毛の症状

近年、女性の薄毛が爆発的に増えているということをご存知ですか?薄毛といえば男性に多いイメージでしたが、最近では女性の中にも薄毛で悩む人が多いといわれているのです。しかし、一口に「薄毛」とはいってもその症状は様々。自分の症状を正しく判断することで適切な対策法も明らかになります。
そこで、今回は女性の薄毛の症状について詳しく解説。自分がどういった症状なのかぜひ参考にしてみましょう。

女性男性型脱毛症(FAGA)/びまん性脱毛症

薄毛は脱毛症とも呼ばれる症状ですが、その中でも比較的多くの人が悩まされている脱毛症が存在します。それが「女性男性型脱毛症」なのです。
女性の体内に存在している男性もホルモンが毛髪に影響を及ぼし、抜け毛や薄毛を引き起こしてしまうことになります。中年以降の女性に発症しやすいといわれているので注意が必要です。

また、女性男性型脱毛症は、別名「びまん性脱毛症」とも呼ばれますが、どちらも意味は同じです。ただ、「女性男性型脱毛症」もしくは「FAGA」という名前で呼ばれることも多いので、それぞれ覚えておくようにしましょう。

AGA(男性型脱毛症)との違い

上記では「FAGA」について解説しましたが、薄毛の症状には同じような名前である「AGA」というものもあります。症状に関してはほとんど変わりがないように見えますが、一体どんな違いがあるのでしょうか?

実は、FAGAとAGAには大きな違いがありません。脱毛を引き起こすメカニズムにも違いはなく、名前が分かれている理由は「女性と男性の区別をする」というものが主な理由です。
ただ、本来女性の中に潜む「女性ホルモン」の数と、男性に分泌されるホルモンの数に違いがあるため、こうして区別されているといわれています。

分娩後脱毛症

出産経験のある女性であれば体験している人が多い「大量の抜け毛」。女性ホルモンが一気に変化することが原因といわれていて、非常に多くの経産婦が経験している症状です。

ただし、一定期間すると髪の質も髪の量ももとに戻ることが多いので、あまり心配はいらないといわれています。深刻な栄養失調や、寝不足、過度なストレスがなければ髪の生え変わりのサイクルに合わせて、徐々に毛量が増えていくので安心してくださいね。

また、中には「妊娠中はやたらと髪の量が多かった」という女性も多く、この場合は本来妊娠中で生え変わるはずだった髪が抜けず、出産後に「妊娠中に抜けるはずだった毛」が抜けただけということもあります。

一気に抜けるので「少なくなった」と感じる女性もいますが、実際には元の毛量に戻っただけということでもあるので心配はいりません。

粃糠(ひこう)性脱毛症

フケが発生する女性に注意してほしいのがこの「粃糠性脱毛症」です。発生したフケが毛穴を防ぐことで頭皮が炎症を起こします。その結果、髪の成長を妨げることになり、薄毛が深刻化してしまうのです。

かゆみを感じたり、頭皮に吹き出物が出来たりしている場合、もしかしたらフケによる頭皮の炎症なのかもしれません。フケというと、髪からポロポロ落ちてくるイメージがありますが、比較的少ないフケの場合には頭皮にとどまり続け、シャワーで流れていくということも少なくありません。
そのため、自分がフケであることに気が付かないというケースも多くみられます。

頭皮環境は髪の成長を大きく左右するものでもあるため、常に清潔に健康に保っておく必要があります。フケが発生しやすいと、その分頭皮のトラブルを引き上げるリスクがあるので、注意しなくてはいけません。

フケの原因としては「洗髪のしなさすぎ」「洗髪のしすぎ」「ドライヤーなどで髪を乾かさない」「マクラカバーが雑菌だらけ」などがあげられます。これらに心当たりのある女性は知らず知らずのうちにフケを引き起こしているかもしれません。

ただ、この場合は原因である「フケ」の改善をすることによって薄毛の改善を促すことができるケースもあります。現在、フケと薄毛の2つに悩まされているという女性は、フケの改善にも焦点を当ててみると良いでしょう。

牽引性脱毛症

女性であればヘアアレンジは楽しいもの。ポニーテールにしたり、ポンパドールで華やかに見せたり。中にはエクステで雰囲気をがらりと変えて楽しむ女性もいるかもしれませんね。しかし、これらのヘアスタイルは髪や頭皮を引っ張ることになるので、大きな負担をかけてしまうことにつながります。

その結果、生え際や分け目の毛が細くなったり、切れやすくなってしまうという状態を招いてしまうのです。たまにであればあまり心配はないようですが、こうした負担をかけるヘアスタイルを毎日長期間継続してしまうのはNGといわれているのです。

しかし、職業上髪を結ぶことが規則とされている女性もいると思います。そういった女性は、きつく結ぶのは避け、余裕を持たせた状態で結ぶことを心がけましょう。また、使用するヘアゴムも、柔らかいシュシュや、太めのヘアゴムなどを使用し、髪を痛めにくいアレンジ方法を実践してみてくださいね。
脱毛症を改善、予防したいのであれば髪や頭皮を労わりながらおしゃれを楽しみましょう!

円形脱毛症

有名な脱毛症の一つなので知っている人も多いのではないでしょうか?
円形脱毛症とは、文字通り円形に地肌が見えるような抜け方をする脱毛症です。しかも、突然何の前触れもなく抜けるので驚きますし、抜ける場所によっては非常に目立ってしまうのが特徴です。

円形脱毛症を引き起こす原因は様々ですが、主に「ホルモンバランスの乱れ」「ストレス」「免疫力の低下」などが大きな原因であるといわれています。
ストレスに関しては、日常的に受けるものよりも、突然の強いストレスで円形脱毛症を引き起こすことが多いとされていて、「環境の変化」「身内の不幸」などが原因になるケースがあるようです。

ただ、円形脱毛症は突然発症するものなのでその症状が長引くことは少なく基本的に、単発的であることがほとんど。そのため、一気に抜けた後、また徐々に生えてくるので、時間とともに改善されやすい脱毛症です。

脂漏性(しろうせい)脱毛症

脱毛症の中には「脂漏性脱毛症」と呼ばれる、比較的誰でも引き起こしやすい脱毛症が存在します。頭皮の油汚れが原因で脱毛症を引き起こすというもので、頭皮環境が悪いことが原因です。皮脂の分泌が多い女性に多いので、心当たりのある女性は注意が必要。

皮脂の分泌が過剰に行われてしまう原因としては「脂っこいものが多い食生活」「スナック菓子を食べる」などがあり、主に食生活が原因で皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

皮脂の分泌に関しては、野菜を中心とした食生活に切り替えることで改善しやすいですし、さらに、最近では皮脂のコントロール機能を持つ化粧品やシャンプーなども数多く販売されているので、様々な方法で改善することが出来ます。

顔がてかりやすい人や、夕方になると前髪がべたついているという人は、もしかしたら皮脂の分泌が多いのかもしれません。今一度自分の生活習慣を見直してみてくださいね。

まとめ

現代の女性の多くが悩まされている「脱毛症」。その症状は実に様々で、個人差が大きいのが特徴でもあります。女性にとって髪は命。だからこそ、自分の正しい症状を把握し、適切なケアをする必要があります。
今回の記事では、比較的一般的な脱毛症を紹介しました心当たりのある内容や、当てはまる項目などがあったのではないでしょうか。
生活習慣や食生活、オシャレや精神面なども大きく影響される症状なので、きちんと自分の問題と向き合ってみてくださいね。

 ページの先頭に戻る